iGS130知能GPSコード表

知能GPSコード表

1、製品リスト

iGS 130コード表x1        

Micro USBケーブルx1

専用ホルダーx1

ホルダーパッドx1              

Oゴムリングx2

快速使用説明書x1
2、キーの説明

電源を入れる
1S以上軽く押してください
シャットダウン
2 S以上長く押す
レコード/一時停止
電源を入れてから軽く押したらレコードするが、もう一度軽く押して一時停止になる。
強制シャットダウン又は再起動
 8s以上長く押す
切替え
 軽く押してインタフェースに切替える
設定モードに移行
 2 S以上長く押す

3、アイコンの説明
電力が十分である
電力がやや十分である
電力がやや少ない
スペースが点滅すると間もなく自動的にシャットダウンする
レコード
一時停止
GPSは位置付けがされない

GPS は既に位置付けがされている
4、コード表インストール

1.自転車専用ホルダーの取り付け案内図

2. コード表の延長スタンドの取り付け案内図

5、GPSの星検索、時刻設定

iGS130はGPSコード表で、GPSを用いて速度を計測することができる。

使用の際、屋外環境で、上方の空が遮断物がないことを確認してください;多数の場合、コールドスタートの星検索

間は30秒-2分間で、ホットスタートの星検索は5秒-45秒である;星検索の際、静止状態を保持すれば星検索時間は短

なる。

iGS130は、電源が入ってGPS信号を取得した後、自動的に時刻を校正するので、時刻の設定が不要である。

6、自動バックライト

日の出、日没時刻を自動的に計測する;日没時刻の30分間前から日の出時刻後の半時間までの間に、バックライトが

動的に点灯する;他の時間はバックライトがオフであると黙認される。

7、バッテリー耐久能力及び充電の説明

iGS 130は、充電式リチウム電池が内蔵されているが、バッテリ耐久能力は下記の通りである:25℃の環境温度の

合、通常使用でバッテリ耐久時間は22 H以上になる。

作業温度:-10℃から50℃で、温度の上昇により、バッテリ耐久時間が長くなるが、温度の低下によりバッテリ耐久

間が短くなる;0℃の環境温度では、バッテリ耐久時間は約15%短縮される。

説明:

1) DC5Vの標準USBインターフェイス電源アダプタを使用してください。2時間程度で充電が完了する。

2)電源投入状態の充電が可能である(コード表が正常に動作し、走行データの記録ができる)。

3)不可逆的な変形になって、防水防塵の性能に影響を与えないように、USBプラグを過度に引っ張らないでください。

8、メートル・インチ単位の設定 (E1)

2 Sで長く押しで設定モードに入るが、デフォルトでE1点滅状態に入り、左キーを軽く押してE1設定状態に入り、

ートル・インチ速度単位アイコンが点滅を開始する。

その場合、右キーを軽く押してメートル法かインチ法を選択する。

[OK]をクリックすると、左キーを軽く押すと自動的に保存されて、終了する (または操作なしで10Sで自動的に終了)


9、タイムゾーン設定(E2)

デフォルトタイムゾーン:+0:00                

タイムゾーンの範囲:-12:00~13:00

右キーを2S長く押して設定モードに入り、右キーを軽く押してE2点滅状態に切り替え、左キーを軽く押してE2設

に入り、タイムゾーンの数値が点滅を開始する。

その場合、左キーを軽く押して桁を選択し、右キーを軽く押して数値を設定する。

[OK] をクリックして、右キーを2 sで長く押せば自動的に保存して、終了する(または10S操作なしで自動的に保存

終了する)。

10、どのようにPCに接続して、データをWebサイトにアップロード

ステップ 1)

シャットダウンの状態で iGS 130とコンピューターを接続してください。接続されたら自動的に電源が入るが、その

合データ接続モードになっている;マイコンピュータに新しいディスクが表示されたら、iGS 130が接続されている

とになる(その場合:\iGPSPORT\Activitiesディレクトリのデータをコンピューターにコピーしてバックアップで

る)。

ステップ 2)

http://i.igpsport.com にログインし、 データアップロード ページに進み、 コンピュータのアップロード-参照]を選

て、移動ディスクの下にある:\iGPSPORT\Activitiesディレクトリを見つけて、アップロードするデータ(.fitフォー

ト)を選択し、クリックしてアップロードする。

コメント:

iGS130は約400時間の走行データが格納できるが、スペースが不足になったら時間順に応じて自動的に上書きされる

データの紛失を避けるために、データを適時にアップロード、バックアップ、クリーンアップし、十分な空き容量を

保するようにしてください。

11、出荷時設定値の復元

1) シャットダウン。

2) USBでiGS 130をコンピュータに接続する。

3) 左右のキーを同時に2秒以上押すと、画面に ”FA” が現れて、設備は出荷時の設定値に戻るが、完成後表示画

に”Oh” が表示される。

4) USBケーブルを抜いて、iGS 130とコンピューターの接続を切断する。

注:出荷時の設定値を復元する場合、すべてのレコードが削除されることになるので、事前に走行データをバックア

プしてください。

12、製品仕様書
GPS
高感度GPS
ディスプレイ画面
2インチ、高輝度、高コントラストノングレアのスクリーン
操作温度
-10°C ~50°C
製品の重さ
約60グラム
製品の寸法
50x75x15mm
防水機能
IPX7
データ表示

コード表にはリアルタイムで表示する:

時間、現在の速度、平均速度、最大速度、走行時間、距離、総走行距離などの7つのデータ
メモリ容量
約400時間の走行データ (メモリの使用状況による)
バッテリ容量
内蔵リチウムバッテリー、22 H超長いバッテリ耐久時間
輸送インタフェース
Micro USB
標準部品
iGS 130ホスト、Micro USBケーブル、専用スタンド、快速使用説明書
13、略語
AV
平均
MX
最大
ODO 総走行距離
DST
距離
TM
走行時間
14、連絡先

公式サイト: www.igpsport.com

メーカー: Wuhan Qiwu Technology Co., Ltd

住     所: Hongshan District, Wuhan City, Hubei Province, China.

サービスコール:(86)027-87835568

メールボックス: service@igpsport.com

15、声明

本マニュアルは使用者が参考にするものであり、内容や手順が設備自体の機能と異なる場合、設備を準ずるものと

が、武漢斉物科技有限公司は別途通知しないものとする。